ロイたん♪

  • てんゆう が更新を投稿 4日 2時間前

    人には天運・地運・人運と3種の運が存在します。

    「天運」とは最初から持っている運で、「地運」とは姓名判断でいう「名前の漢字の画数」をすべて足した数ではなく
    努力で作る運だという。 「人運」とは、あの時〇〇さんが間に入ってもらったおかげで大事が小事になった。
    その逆に小難が大難に膨れ上がり悪い意味での人生の転換期や生死にかかわる事態にまで発展したりする。

    運には「天運」と「地運」と「人運」があると考えられる。

    私が心霊系ツイキャス配信者アーリーさんと出会ったのはツイッターの友人を通じて「面白い番組があるよ」と紹介さ…[ 続きを読む ]

  • まー@運営 さんと 空と踊る男 さんのプロフィール写真空と踊る男 さんが友達になりました 3週 2日前

  • まー@運営 さんと キラ さんのプロフィール写真キラ さんが友達になりました 3週 2日前

  • まー@運営 さんが新しい投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」を公開しました。 1か月 1週前

    みなさんどうも、管理人です ▓▓ ु‹:) ु

    お馴染み『呟怖』。ツイートに『#呟怖』というタグをつ[…]

    • 初めまして。
      #呟怖 苦労して盗んだ金庫には、ふくふくとした赤ん坊が入っていた。びっしり歯の生えた口に噛みつかれた時、セキュリティがあれだけ厳重だった理由を理解した。
      このような投稿方法であっていますでしょうか?

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『雨戸』
      アパートを借りた入居時に、大家がどういう訳か絶対に雨戸は閉めるなと言っていたので、いつもは雨戸を開けていたが、最大級の台風が上陸すると言う今夜だけは雨戸を閉めた…するとパッと灯りが消え真っ暗闇になり私しかいないはずの部屋を駆け回る無数の足音と笑い声が聞こえて来た…

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      ‪#呟怖‬
      ‪『海』‬
      ‪3歳の息子を連れて海に行き、岩場で沢蟹やヒトデをとって遊んでいると、息子が私の肩をチョンチョンとつつき、少し奥の岩と岩との間を指差し『あっち!ヒトテあったの!』と嬉しそうに舌ったらずな言葉で告げた。息子に手を引かれて岩と岩との間を覗くと、ちぎれた人の手が浮かんでいた…‬

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『駅のエレベーター』
      終電で駅に着き、改札を出て外へ繋がるエレベーターのボタンを押した…
      上がって来たエレベーターが開き、男性が降りてきたので『電車は今、終わりましたよ』と伝えると男性は振り向き、こちらを見つめ『知っています、私ここに憑くモノなので…』と答えス〜っと消えた…

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『お盆』
      家の扉を誰かがノックした…
      ドアを開けると狐面を被った女がおり
      家に上がりこもうとする…私は『またか…』と呟き、女を突き飛ばしてドアを閉めた…女は家の階段から転げ落ちて動かなくなった…昔、神社の階段で狐面を被った女の子を突き飛ばして逃げて以来毎年お盆になると現れる…

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『里帰り』
      5歳になる息子を連れて実家へ里帰りした。息子が、ふと壁に掛かっていた祖母の遺影を指差して『毎日夜に遊びに来るおばちゃんだ!もうちょっとしたら、パパもママも皆んなで一緒に遊べるようになるって言ってたよ!おばちゃんこの家に住んでるの?』と言い出した…

    • #呟怖 入居者もデイの人も、みーんな「この下の部屋から「母さんがいる気がする」っていうんだよ。

    • うちの地域では
      結婚写真を撮る際
      新郎新婦が鬼の面を被る風習がある

      どちらかが裏切り行為をしたら
      鬼の化身となった相手の半身に殺される不貞を防ぐ契約らしい

      その為
      死体の傍らに鬼の面が落ちていたら
      特に捜査をせず不審死扱いらしい

      これを利用した殺人があったら
      どうするのだろうか

      #呟怖

    • 元彼の家に繋がる路地には
      あの日の私が立っている

      二股をかけられ恨みのあまり、何度夢の中で刺し殺した事だろうか

      ここに立つのは
      彼への執念?
      もしくは
      手に刃物を持った私を通さない為なのか

      どちらにしろ
      この情念が昇華された時
      もう一人の私は消え
      この路地を颯爽と歩けるのだろう
      #呟怖

    • 私が昔住んでいた村に
      10歳を迎えた子供達が寺に収集され
      鉈を持った坊主から逃げ切る風習がある

      寺の回路を坊主に追い付かれず走りき
      れば合格
      捕まった子供は、体力が無く力仕事に向いていないと見なされその場で鉈で切り刻まれる

      だからその回路は、子供達の血で赤茶色に染まっているそうだ
      #呟怖

    • 事故物件に引っ越ししたら、
      怪奇現象や原因不明の体調不良等が原因で、1ヶ月で5キロも痩せました。
      これは金になると思って、Twitterに痩せる部屋貸しますと書き込んだら、予約が殺到。ほぼ100%の確率で痩せられるダイエットはいかがですか?
      ●取り憑かれダイエット店
      TEL00-0000-0000
      #呟怖

    • 見て見て
      花火みたいに燃えるのね
      貴方の浮気相手の髪って

      こんな綺麗に燃えるなら
      もっと沢山刈ってくれば良かったわ

      どうせ
      目を覚ます事なんてないのだから

      #呟怖

    • 駅のホームで電車を待っていると
      後輩が背後に立ってくる
      「先輩、部活帰りですか?」と、毎回同じ言葉を投げ掛け一方的に話しかけてくる
      電車到着のアナウンスが流れ出したら、踏ん張らなければならない
      彼女は最後
      僕を電車へ突き飛ばすからだ
      社会人になった今でも、連れていきたいみたいだ
      #呟怖

    • 何時からか、部屋の隅に体育座りをした青年が現れた。貧相な体と怯えた表情に最初は恐怖を感じた。
      きっかけは忘れたが、会社で腹がたつ事があり、青年に八つ当たりをしてしまった。
      ただ怯えるだけの態度に恍惚とした感情がわき
      私の中で何かが壊れる音がした。
      幽体に罵倒する日々は続いている
      #呟怖

    • 今人気の肝試しスポットがある。
      一見すると普通の花なのだが、死期が近い人間が見るとモノクロに映るそうだ

      あるユーチューバーがライブ配信でこの花を訪れた際、モノクロに見えたそうだ
      「死ぬかも!!」と騒ぐ彼の後ろに、トラックが映りこみ
      その後、彼がひかれる様が生中継されたそうだ、
      #呟怖

    • 夜は目を瞑らないと夢が見れないのに、何で昼間は目を開けてても夢が見れるの?
      あと、昼間の夢には必ず王子様が迎えに来てくれるの。
      今度一緒にお馬に乗って、お出かけする約束をしたの!!

      あれから20年が経ちました。
      娘はあれから目を一切閉じず、意識も戻らない状態です。
      #呟怖

    • どんなに理不尽な事でも笑顔で応対する、腹だけが異様に膨れた女性社員がいた。
      最近みるみる腹が縮んできたので、ダイエットをしているのかと問うと
      「もう怒りを溜め込まない事にしたの」と、無邪気に微笑んだ。

      最近彼女に理不尽な対応した社員達に、次々と不幸が降りかかっている。
      #呟怖

    • #呟怖 「この階段を上った先の洋食屋のハンバーグ、美味しいんだって」「ふーん隠れ名店ってやつね」出会い系で適当に引っ掛けた男を連れ込む。今日は程よく脂肪がのってるから楽しみだ。

    • #呟怖

      私の愛する鬼を ヒトは殺した
      私の愛する鬼を恐れた ヒトが殺した

      私の愛する鬼は 臆病で 優しくて    
      どうしようもなくお人好しで

      私の愛する鬼は もう戻って来ない

      私は 私の愛する鬼を食べて

      ヒトを喰らう 鬼になろう

      鬼もヒトも 喰らって

      私の愛した鬼を 忘れよう

    • #呟怖

      なつやすみはりょこうにいこうとおかあさんがいった。
      ぼくはうれしくてがんばっていいこにしてきたんだ。
      しゅくだいもやった。
      おてつだいもした。
      ねぇ、おかあさん。
      なんでせんろあるくの?
      ねぇ、おかあさん。
      きりがでてるよ?
      ねぇ、おかあさん。
      いくのやめたくなっちゃったな
      ねぇ…

    • #呟怖

      「半分こね」
      「半分こよ」
      「上と下どっちにする?」
      「右と左どっちにする?」
      「どっちが旨いのかな?」
      「どっちが甘いのかな?」
      「じゃんけんだね」
      「じゃんけんだね」
      「ねえ」「ほら」

      「「あなたたち、じゃんけんして」」

      「「勝った方から、 半 分 こ す る か ら 」」

    • #呟怖

      森に入るのは久しぶり。はしゃぐ娘
      「ワレワレハウチュウジンダ」
      どこで拾ったのか、牛の頭蓋骨をかぶる娘。
      「ふざけないで、捨てなさい」
      牛の頭蓋骨を強引に引き剥がして捨てると、そこには頭のない娘の身体。
      「ワレワレハウチュウジンダ」
      牛の頭がしゃべる。
      「ワレワレハ…」

    • #呟怖

      「お薬出しておきますね」
      そう言われて渡された薬瓶は錠剤が入っていて市販薬かと目を上げると、木造の年期の入った薄暗い待合室が目に入る。
      そもそも何でここに来たんだっけ?
      診察したっけ?
      病院、だよな。
      瓶には無地のラベル。
      「1日1錠、アタリつき」
      看護婦が言う。
      「おだいじに」

    • #呟怖

      「なんでこんなことしたの?」
      母親が頭をもがれた人形を手に子供を叱る。
      「お父さんが」
      泣きながら子供が続ける。
      「首を切るって」
      「それは……」
      会社の話だろう。

      「だから、この子をお母さんの身代わりにしたの。お父さん、お母さんをこの子だと思い込んでる。今の内に逃げよう」

    • #呟怖

      最上階の角部屋に引っ越した。

      夜になると屋根から聞こえる足音が気になった。その内、天井裏へ足音が降り、物置にしてる部屋の押入から降りてきた様な音がする。
      「ギャッ」
      踏まれた猫の様な声を上げて天井を駆け戻る音がした。

      翌日、物置部屋の人体模型が何か動物の毛を握りしめていた。

    • #夜という文字を使わずに夜が来たを文学的に表現してみろ
      #呟怖

      鴉が声を掛けてくる。
      「帰る時間だよ」

      薄暗がりから誰かが声を掛けてくる。
      「まだ遊べるよ」

      鴉が山へ帰って行く。
      「僕らは鳥目だから」

      暗がりから誰かが手を伸ばす。
      「僕らは良く見えるから」

      闇の手が僕の手首を掴んだ。

    • #天狐の日
      #呟怖

      –オゥ!

      彼女が声を上げる

      –それデハ、TEN子とはtenのtailのFOXなのデスネ!

      待って。違う。いや違わないけど違う。

      十の尾を揺らし眺める天狐様の前で、僕は金髪碧眼の少女に懇願するように首を振る。

      合祀される夷神が外人だと神使の僕が苦労する。

      天狐様は楽しげだ。

    • #呟怖

      友人は異常な帽子好きだ。

      自分で帽子を作り、
      他人にも帽子を強要する。

      なので、私は必ず自分で作った帽子を被る。

      でないと、友人の作る帽子に体を乗っ取られ、友人の様になってしまう。

      もう、何人もの友人が『いかれ帽子屋』になってしまった。

      彼らの帽子の下を、私は知らない。

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      ‪#呟怖‬
      ‪『会釈』‬
      ‪新居に越して初めて商店街へ買物に行くとやたらと会釈をされる‬
      ‪初めて住む街なのに何故会釈をされたのか八百屋に聞くと『貴方の後ろにいる山本さんにご挨拶をしたのよ』と私の後ろを指差したので、振り向くと後ろには誰もいない…‬
      ‪確か昨晩葬儀をやっていた隣の家の表札は山本だった…‬

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      ‪#呟怖‬
      ‪『チャイム』‬
      ‪テレビを観ているとチャイムが鳴った。‬
      ‪ 立ち上がろうとすると子供が走って行き、背伸びをしながら覗き窓からドアの外を見てから私のもとに駆け寄り『知らないおじちゃんだった…』と私に報告した。私は恐ろしくなり震えが止まらなくなった…‬
      ‪ ‬
      ‪だって私は独身の1人暮らしだから…‬

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『忘却』
      厠で用を足していると『紙をくれ〜』と白い手が肥溜めから出てきた…
      私は『そんな糞塗れじゃ紙程度じゃ足りないから、急いで人を呼んで来て引き上げてやるからとりあえずこの紙で私の尻を拭いてくれ』と塵紙を渡し尻を拭かせて厠を後にした…
      そして50年経った今その事を思い出した…

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『親子』
      孫娘にバッファローの頭蓋骨を与えると、はしゃいで頭に乗せて『おじいちゃん見て見て〜』と庭を走り回った…
      その姿を見ていたら、息子が小さかった頃に、殺した女房の頭蓋骨を与えた時のことを思い出した…やはり息子は頭蓋骨を頭の上に乗せて『パパ見て見て〜』とはしゃいでいた…

    • 虚無 の返信 (1か月 1週前)

      #呟怖
      『ヒトガタ』
      我が家には【ヒトガダ】と呼ばれるモノがいる…
      ヒトガタは矢絣の着物に袴といった出立で、人と見た目は変わら無い…
      ただ、顔の前に布を掛けており必ず家の何処かに座っているだけなのだが、虫が前を通ると布の下から長い舌が飛び出して、虫を巻き取りまた布の下へと消えて行く…

    • #呟怖 自分のロッカーの中に、猿の手が入っていた。既に四本の指が折れている。4つの願いを叶えた人間の元へ戻れと願うと、それは消えた。その翌日、最近妙に羽振りのいい職場の先輩が、両手足と首が折れた状態で発見された。

    • 狂言巡 の返信 (1か月前)

      #呟怖 朝から旦那の遺体を煮ている途中、昼ドラが見たくて一度火を止めて30分だけ放置していただけなのに、再び蓋を開けると美味しそうな肉じゃがになっていた。

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      インフルエンサーが行方不明になり、しばらくして見つかった。死体で。
      目立った外傷は無かったが、全身の血液と脳の1部が無くなっていた。そいつの話題がネットからもTVからも消えた頃、似たようなインフルエンサーが行方不明になり、しばらくして見つかった。死体で。
      目立った外傷は無かっ

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      国境の山間に2つの塔があった。町を挟んで東と西に。
      塔はぬるい霧をまとい、淡い影を町に落とす。
      霧の深さで影は蠢く。獣の反芻にも似て。

      旅人が訪れると、町の人は必ず言う。
      -ここは入れませんよ
      しかし両側の山は険しく霧は深いのだ。

      町から帰った旅人は居ない。

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      引越し先には、ガムテープで閉じられたドアがあった。
      私が止めるのも聞かず、ダンナはドアをこじ開ける。
      中にはまた閉じられたドアがあった。開けるとまたドアがある。

      そうして次々に開けていき、
      56番目のドアを開けた時、はるか後ろでパタン、とドアが閉まる音がして
      何も見えなくなった

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      シャープペンの芯の欠片
      消しカス
      削りカス
      ちぎり取ったノートの端
      制服の切れ端

      髪の毛

      指先の皮
      唾液
      抜歯した乳歯

      キミのそれらを小箱に詰め庭を創造する

      これからのキミは人のもの、
      「今までのキミ」はあたしだけのもの。

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      ―ロイコクロリディウムって寄生虫がいるじゃない。アレって1匹じゃなくて中にたくさん幼虫が入ってるんだって。幼虫の形はこんな感じ
      と、彼女はカバンから瓶を取りだす。
      ―アレは人には寄生しないけど…これはね…
      次に何が起こるか私にはハッキリわかったが、全身を固定されてどうにもならない

    • 小泉毬藻 の返信 (1か月前)

      #呟怖
      臥せる奥様の傍ら、私は筆に血を含ませ紙へ刷いた。絵具と違う重さで色が広がる。
      画板の端には、かつての奥様の写真があり…それを写すように、彼女の血を吸った筆を走らせる。
      奥様は日毎に青ざめ、満足気に見ている。
      いづれこの密かな行為で私達は命を無くすだろう。
      …その日が来るまでは。

    • さつみ の返信 (1か月前)

      窓を開けて寝るんじゃなかった

      隙間から、小さな人形がぞろぞろと部屋に侵入してくる
      ベッドのシーツにしがみつき、布団にパジャマに潜り込む

      小さな手が皮膚を掴んで千切る
      出来た穴に腕を突っ込む
      頭から潜り込んでくる

      人形が動く度にどぷどぷと血が流れ
      意識を失った

      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      雨がざあと降る

      この雨はやまない
      もう2週間目が終わろうとしている

      私の隣に少年が腰かける
      「やあ。良い雨だね」

      君にとってはね

      少年は嬉しそうに笑う
      釣られて少し笑う

      顔の筋肉はまだ動くらしい
      身体はとっくに朽ちている

      「やあ。良い雨だね」

      雨はやまない

      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      あかい
      あァかい
      あかぁいほおずき

      ぺっしゃん
      ぺっしゃん
      墜ちてきた

      お空にかえろ?
      きれいなお空

      つまんでぴっしゃん
      あァかいおつゆ

      お空にかえろ?
      ぴっしゃん
      ぴっしゃん

      ほうりなげては
      ぺっしゃんしゃん

      #月が綺麗ですねを1番ホラーに書いた人が優勝
      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      夜道を何かが来た。

      街燈が、自走している車椅子を照らす。

      こんな時間に?
      こんな場所に?
      付き添いは居ないの?
      何かあったらどうす

       首が無かった

      気が付くと車椅子に乗っていた。
      自走用の車椅子。

      ひと漕ぎずつ、ゆっくりと、動き出した。

      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      家に帰ると誰も居なかった

      出かけてるのかとも思ったが、様子がおかしい

      飼っている犬も
      寝たきりの祖父も
      引きこもりの兄すら居ない

      交番に駆け込んだが、誰も居ない
      通りにも誰も居ない

      歩く。

      カレーの香りが漂ってくるが、確かめに行く勇気は無かった

      僕は、どこに行けば、いい

      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      トーリャンセ トーリャンセ…

      音響信号が鳴り、歩行者が一斉に足を出す
      メロディ式は珍しいなと見上げた

      「渡るな!!!」

      隣の大声に足を止める
      男は「白い杖」を振り回し更に怒鳴る
      人波はそれを無視する

      その時

      ダンプが横断歩道に突っ込んだ。

      阿鼻叫喚の中
      男はしょんぼりと去った

      #呟怖

    • さつみ の返信 (1か月前)

      …私は人間です

      そりゃあ、そうです。と応じると、彼女は力なく微笑んだ。

      …私は 人間扱い して欲しかった

      されなかったと?

      …はい 人でなしです そう云われてきました

      だから?

      …だから

      彼女は与えられたようにふるまっただけだ。

      …人として罰して下さいまし 親殺しの鬼畜めを
      #呟怖

    • 狂言巡 の返信 (4週 1日前)

      #呟怖 その町には、海を向いている、髷を結った珍しいお地蔵様があった。あれは老人以外の男は近づいちゃいけないよ。お地蔵様の視線の先に、岩礁があるだろう。でないとあそこで死ぬまで笑って過ごす羽目になる。その昔、腹いせに殺された海女の祟りさ。

    • イザヤ の返信 (3週 6日前)

      幼馴染と飲んで、記念に写真撮ろうとしたら全然カメラの方向いてくれなくて、理由聞いたら
      「この前アイドルの目に映った景色で家特定したストーカーいたやん。そんなんできるんかなーって思って部屋で自撮りして目を拡大したんよ。そしたら目に知らんヤツが映ってて、こっち指さして笑ってた」

      #呟怖

    • 小さな神社の前の小さな商店街。
      今は全部シャッターが下りて、無人のように見える。
      シャッターの一つが、一瞬ガシャガシャッと音を立て、
      人の形をした何かが、スルリと通り抜けてきた。
      後に続いて、音もなく次々と怪しいものが出てきて列をなし、
      社の闇に消えていく。
      列はいつまでも続く。
      #呟怖

    • 少女の影が、邪悪な姿で少女を後ろから食べようとしているのが見えた。
      でも、それは一瞬で、もちろん少女は気づいていない。
      彼女が狙われているのは間違いない。
      言わなくては。
      一歩踏み出そうとした瞬間、
      少女とその影が同時にこちらを見て、同じ顔で笑った。
      #呟怖

    • 地下の重苦しい扉。
      開店前の試食無料券。
      好奇心から扉を開けた。
      急にスポットライトに照らされ目が眩んだ。
      チクッとした。注射でもされたのか、
      気がつくと椅子に拘束されている。
      「いらっしゃいませ。どこを召し上がりますか」
      どこ?意味がわからない。
      包丁が迫ってくる。
      #呟怖

    • 修学旅行の集合写真。

      カメラマンの斜め後ろに女の子がいる。
      見えているのは、胸から上。
      「ここ見てー」って感じで浮いた手。
      「笑ってー」って感じでニタリと笑う顔。

      あの子、学生だったのかな。
      いつも、ああしてるのかな。
      写真に、知らない子と一緒に写るより、
      楽しいのかな。

      #呟怖

    • 僕の頭の中は真っ暗で、
      何も考えず、何も感じず、
      ただ生きているだけだった。

      夢の中の僕も、
      真っ暗な中で、
      何も感じずに生きていたが、
      いつも血に染まり、満足気だ。

      今日、
      僕は夢の中の僕になることにした。

      #呟怖

    • 美しい星空は煙りに覆いつくされた。
      暗い海には船が赤く燃えていた。
      海に映るその炎は波に大きく揺れる。

      深い海の底から浮かび上がった二つの影は
      元の姿などとっくに無くなっていたが
      寄り添い語り合う。

      船の上から見たどんな景色より素敵だね。
      何度でも見に来たいわね。

      #呟怖

    • 妻が微笑んでいる。
      急に胸が苦しくなる。
      妻の微笑みは闇に消え、
      振り上げられた包丁が光る。

      また同じ夢だ。
      妻は隣で気持ち良さそうに
      笑みを浮かべて眠っている。
      どんな夢を見ているのだろう。

      #呟怖

    • 帰宅途中の夜道で、名前を呼ばれた。
      白い仮面に黒マント。
      危ない儀式の衣装のように見えた。
      家まで送らせてほしいと言う。
      私は何故か、返事することもなく
      逃げるでもなく普通に家に帰った。

      翌朝、隣の住人が
      いつもの道で通り魔殺人があった
      と言っていた。
      不思議と何も感じなかった。

      #呟怖

    • あの鳥、大きいね。
      そうだね。

      あの鳥、こっち睨んでるよ。
      そうだね。

      なんか怖いよ。
      大丈夫だよ。あの鳥は悪い人を睨んでいるんだ。

      おじさんが悪い人なの?
      そうだね。君はいい子だからね。

      #呟怖

    • ザザーッ ザザーッ と寄せては返す波。

      ザワザワ ザワザワ と何か聞こえてくる。
      「ひとり?一人?ひとり?独り?」
      そう、一人で来た。
      「いく?行く?いく?お父さんのところ」
      頷きそうになって、あわてて波打ち際から離れる。

      お母さん、お母さん…
      僕は家に向かって走った。

      #呟怖

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      「私、結婚するんだ」

      そう言って

      指輪をはめて

      崖から飛び降りた女性を

      三名ほど知っている

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      帰宅したら妻が顔を隠していた

      「何それ?」

      差し出された紙に【今死んでるから】と書かれていた

      確かに死人の顔には白い布を被せる

      だが、何かの冗談と思い布を持ち上げた

      死人の顔、腐りかけた皮膚、蛆まで

      口付けして囁く

      「死に顔も素敵だよ」

      妻が震えている

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      「死化粧を」と頼んで死んだ方が居た

      お孫さんがメイクに腕を振るった

      全員が吹き出してしまう

      はげ頭が長髪ロングに、おちょぼ口、瞼に目が描かれ、まつ毛まで

      「湿っぽいのが嫌だと言うので」

      お孫さんの傍に嬉しそうなご本人

      その霊が見えた人だけが感極まって泣いていた

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      嫁に職場の上司の話をした

      物凄い美人で、頭が良くて、部下思いで、仕事のセンスが鋭くて・・・

      そう褒めちぎった後で一言付け加えた

      「つい惚れそうになっちまう」

      数日後、上司が行方不明になった

      嫁に話して良かったな

      そのポスト、俺、狙ってたんだよ

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      担当しているクラスの子供から手紙を渡された

      仕草が可愛い少年なのだ

      母親は素敵な人なのだ

      手紙にはこう書いてあった

      「ぼくのお母さんは一人だけです。だけどその人の中にお母さんは二人います。このままではころされます。たすけてください」

      ・・・

      どうしよう

      ・・・

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      看板に「この鳥居はくぐれません、触らないでください」とある

      そりゃそうだ、トリックアートなんだから

      だが鳥居の向こうに子供が居た様な気がする

      その絵の奥から視線を感じるぞ?

      今もその子がずっと手招きをしてる

      そんな気配が続いている

      -失踪した美術館職員の手記-

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      ビルの上に大きな看板が見える

      ずっと広告が入って居なかった

      そこに大きく「14日」と書かれていた

      ところが前の席の乗客は

      「10日?今日じゃん」

      と言ってる

      変だなと思っていた

      その彼は同じ駅で降り、交差点に突っ込んで来た車に跳ねられてしまった

      14日は家から出ない

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      母は片腕だ

      結婚前は両腕だった

      夫婦間が冷え切る前に

      彼女は悟っていた

      夫婦間が冷え切った時

      彼女は決断した

      父は「欠損」が好きな人だと見抜いていた

      幼い頃から私を無視し続けた父

      「お父さんに愛される方法を教えてあげようか?」

      母は嬉しそうに私にそう問いかける

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      「助けていただいた蚊です」

      そう言って女が訪ねて来た

      恩返しがしたいというので上司の家を教えた

      上司が死んだ

      急な血圧低下によるショック死らしい

      外傷は無かった

      半月後に「蚊」と名乗った女が50人ばかりの子供を連れて来た

      さて、餌にする奴のリストを作るとするかw

    • #呟怖 ( #返怖 可)

      クラスで誰も触らない

      毒と言われバイキンと言われ

      触ると腐ると言われ

      頃合いね・・・

      担任の教師が倒れ

      クラスメイトが次々と倒れた

      謎の奇病が校内を汚染してる

      この学校はもう誰も助からない

      私は転校する事に

      次も条件次第でこうなる筈だ

      私が言われた言葉通りに

    • #呟怖
      ある素封家が気鋭の日本画家を屋敷に招き、一人娘と引き合わせた。我らは十五までは顔の定まらぬ家系でな。十五の誕生日に誰かに顔を描いてもらわねばならぬ。ついては君にこの世の言葉では表現できぬ程の美貌を娘に授けてほしい。謝礼ははずむ。画家は応じこの世の者ではなくなった娘を娶った。

    • #呟怖
      夫と出会うまでは、家の近くの林道が苦手だった。人よりも人魂の方が多く往き交う薄暗い道。今は平気。初デートの帰り道、バイクと並走する人魂が綺麗だったから。
      あれから30年。夫はもういないけれど不安はない。人魂が寄り添うようについて来てくれる。林を抜けると人魂は5回点滅して消える。

    • #呟怖
      教授は鐘の中に身を隠した僧侶安珍を蛇に姿を変えた清姫が焼き殺す場面に疑問があると?

      蛇は水神ですからねえ。蛇が炎を吐くものでしょうか?

      こうは考えられませんか。清姫は水神だ。ならば安珍の体内にある水分を操って振動させることもできたのでは?

      なるほど、安珍はレンチンされたと。

    • #呟怖
      小学生の頃、学校行事で観た演劇で魔女が蛙をフライにして食べる場面があった。小道具も演出もとても不気味に思え、蛙が苦手になった。ところが大人になったある日、試しに蛙を食べてみると、予想外に美味しくて驚いた。私は蛙が平気になった。ところで私は人間も苦手である。試してみようかな。

    • #呟怖
      山田さ〜ん、聞きましたわ。貴女、ハンドメイドを嗜まれてるそうじゃない。何をお作りに? 藁人形ですって!
      素敵じゃな〜い! 私にも一体お譲りいただけない? 五千円! お高いわ〜! 藁と紐なんですから原価百円くらいじゃな〜い。ちゃんと気も込めてる。気なんてそれこそ原価0円じゃな〜い!

    • #呟怖
      「俺、高校に入って五人の女と付き合ったの。自慢かよって。自慢話じゃないよ。彼女たち、顔立ちはそれぞれ違うタイプでさ。でも身体の方はくびれから尻にかけてのラインとか胸のホクロの位置とか同じだった。どの子も抱くと降り始めの雨の匂いがした」
      そう語る友人から湿った土の匂いがする。

    • #呟怖
      パパ、セミさんが死んでる。5歳の娘が葉っぱの上の蝉の抜け殻を指差す。アレは死んでるんじゃあないよ。娘に昆虫の脱皮について説明する。よかった、おばあちゃんも死んでなかったのねと娘。母は背中を裂かれ、内臓も骨もない皮だけの状態で死んでいた。他殺でなければ何に変わったというのだ。

    • #呟怖
      タマが老衰で死んだ。
      彼はメロンアイスがお気に入りだった。彼の頭に僕がアイスの蓋を被せると、似合ってるニャ? といつも自慢気に鳴いた。
      遺骨をアイスケースにしまう。振るとカラカラと音がする。ポンッ。蓋が飛び上がる。蓋を頭上に掲げ、小さなタマが腰をふりふり踊る。
      おかえり、タマ。

    • #呟怖
      橋の真ん中で車をとめる。なんでとめんのよと妻の苛立った声。いや、だってさ…….お前にはあれが見えないのか? 私の眼前では学帽を被った子供達が列をなして車の前を横切り、海へと飛び降りている。見えてるわよと妻。みんな死んでんでしょ、なら轢いちゃってもかまわないじゃないと諭された。

    • #呟怖
      宅配業界で噂になった住宅街の話。幸福そうな人ばかりが暮らすその街は再配達依頼が他の地域に比べ極端に少なくクレームは皆無。そんな宅配業にとって理想の地域だが、曇天の日に荷物を届けた宅配員が屋根から糸がのびているのに気づいた。糸をたどると雲に隠れて糸を操り笑う影が見えたそうだ。

    • うわぁ・・・前を走ってるダンプカー、人轢いて引き摺ったまま走ってるんだが酷ぇなこりゃ。 #呟怖

    • なんかまだ動いてる。人ってあんなになっても動けるんだな。 #呟怖

    • #呟怖

      神秘的な事で言ったら、やはり女性の出産は不思議そのもの

      お腹の中の大きな塊が下半身から出てくる不思議

      出産の凄い痛みを忘れて次の子を妊娠する不思議

      母親が殺されてもお腹の中で生きている不思議

      産まれなかった水子が人を呪い殺す不思議

      生まれた子供を簡単に殺す親がいる不思議

    • #呟怖

      朝晩寒くなって、家の前の草木に霜が降りると「ああ冬が来る」と思う。地面には同じく茶色の土の上にうっすらと膜をはったような霜が、ガチガチの様相を見せてくれる。
      そんな茶色に乳白色の膜をはったようなガチガチの顔の人に会うと
      「この人もうすぐ死ぬ」
      と感じながら、冬の朝を思い出す。

    • #呟怖
      実話
      病院勤務の知人に聞いた話
      飲み会で残った3人が終電を逃し、病院に戻って朝を待つ事にした。
      泥酔した1人を待合室に置き、2人で自動販売機まで飲み物を買いに行った。戻ると泥酔した人がC Cレモンを飲んでいたので
      「それどうしたの?」
      「ハイヒールの女の人に貰った」
      誰もいないのに…

    • #呟怖
      実話
      電車に乗るとなぜか座っていたおばさんが立ち「ここに座って」と言う。
      「大丈夫です」と断ったが「私が嫌だから、いいから座って」と怖い顔で言われ面倒なので座った。おばさんは

      「気の流れが悪い」

      と言って電車を降りていったが、周りの人が一斉に私を見ていた。
      「私のせいなの?」

    • #呟怖
      百貨店7不思議①
      友人K子が勤務する百貨店での話
      5階の寝具売場で残業すると、深夜展示のベッドの下から、どろどろに溶けた顔の男が這い出して来て
      「帰れ〜帰れ〜」と弱々しく言うらしい。
      長時間残業の疲れから、ノイローゼになり自殺した販売員の霊らしい。
      残業を心配する優しい霊

    • #呟怖

      呼鈴を押すと奥の方から声が聞こえ、私は名前を告げた。戸が開き家の女主人が出迎えてくれて、私は町内会費を手渡した。領収書の記入の間、下駄箱の上の日本人形を見ていると、首がガタガタと小刻みに揺れてポトリと落ちた。
      「あっ!」と驚いていると
      女主人が「合格です。お入り下さい。」

    • #呟怖

      深夜友人達と廃墟ホテルを訪れ中に入った。冷たい空気。荒れ放題の廊下。所々に残留物を見つけて一喜一憂。
      突然、ホテル中に響き渡るような勢いで友人の一人が転んだ。空気が変わる。近くに男の人影が見えた。
      見ると「パン」と手を叩き指2本からの両手で丸。最後に片手を目頭にかざした。⁇

    • #呟怖

      住まいに事故物件があるように、会社内にも亡くなった方々の机やロッカーがある。処分ではなく、内緒で新入社員に割当てられる。
      清掃はされるが、自殺したA子のロッカーを新入社員が使用。その子が
      「変えて欲しい」との事。
      毎日、耳元で
      「そこ私のロッカーだから」
      と言われるらしい…😱

    • #呟怖

      同僚のイケメンT君が陰で「臭い」と噂になっていた。
      時期的に汗をかくので仕方がない。女子達が制汗スプレーを取り出しT君の元へ。付いて行くと
      Y子がT君の背中に制汗スプレーを噴射。
      「あっ」
      いじめかと思いきや、一瞬T君の背中にお婆さんが見え、すぐに消えた。
      「なんか軽くなったよ」

    • #呟怖
      実話
      病院勤務の知人に聞いた話
      夜の見廻りの際、時々自動血圧計の所におじいさんが腰掛けていて「やり方が分からん」と怒っているらしい。「腕を入れてボタンを押して下さいね」と言うと消える。
      ある晩、無人の血圧計の前を通ったら、急にめちゃくちゃな数値が出た。
      計れなかったらしい。

    • 併走する隣の車の運転席の男の顔がこちらを向いている事に気が付いた。
      必死で何かを叫んでいる。耳を澄ますと薄っすらと聞こえた。
      「ブレーキ効かない!!!!助けて!!!!」
      意識を前に戻すと赤信号!急ブレーキで何とか停車した。
      隣の車は信号無視で交差点へ侵入。トラックと衝突し男は死亡した。#呟怖

    • “シラキテツコ”という女性に包丁で腹をえぐられた所で、うたた寝から目覚めた。
      名を検索すると、実在の女性がヒット。明治に旦那から始まり、部落全員を殺害した精神異常者らしい。
      最もゾッとしたのは妻と顔が酷似している事。名はシラカワエツコ。食後の精神安定剤を飲んで今、目の前にいる。#呟怖

    • 私は動物が好きだ。愛犬は傷だらけだがそれでも可愛い。
      しつけの為なら外見はどうなろうと構わない。従順でしっかり言う事を聞けば、醜くとも可愛いものである。

      娘も可愛い。従順だからだ。#呟怖

    • 岩手県には【隠し念仏】という現存する密教的風習があります。念じながら「タスケタマエ」と頭を打ち続ける儀式が幼心にトラウマでした。
      …実はこれ絶対に【他言無用】なのです。
      ネタに困りやむなく紹介しましたが…もしもこの #呟怖 が削除された場合、何らかの力が働いたと想像頂ければ幸いです。

    • 「到達点は”無”です。何か成功を収めた所で、幸福な家庭を築いた所で死の先は無。全て無意味な寄り道です。ゴールテープは早く切るべき!我々は寄り道を繰り返し悩み、迷子になった民衆の先導者!救世主です!」
      歓声が上がる。鞄に爆発物を仕込んだ集団は駅やショッピングモールへ散っていった。#呟怖

    • “閉”を押す直前、金縛りにあった。同時に低い声が地鳴りの様に迫る。
      「乗リマァァァァス‼︎︎‼︎」
      顔がケロイド状に溶けた男がオートロックをすり抜け走ってくる。体は動かない。汗が噴き出る。
      「ハァァ…良イ匂イィ…」
      耳にかかる男の吐息は先程野次馬した火災現場の熱気の様に熱かった。#呟怖

    • その廃寺は町を一望できる坂の上にある。車を公道に止め、彼女と肝試し。
      「暗いだけで何もないね」
      必ず恐ろしい事が起こると聞いていたのに…。
      興醒めして戻ると車がなかった。

      警察によると原因はサイドブレーキの引き忘れらしい。
      無人の車は坂の下の交差点へ突っ込み男女4名が亡くなった。#呟怖

    • トントン。トイレをノックされて凍りつく。家には私一人。
      「まだー?」
      亡くなった父の声に総毛立ち、慌てて鍵をかける。私は何も答えられず…
      トントンまだ?トントンまだ?トントン…
      それは母がお盆の買出しから帰るまでの二時間、機械的に続いた。その間、私はトイレから出られなかった。#呟怖

    • 『近藤さんですか?』
      「違います」
      『チッ』電話が切られた。
      翌日郵便受けが”近藤”に変えられていた。
      心配する婚約者と早めに籍を入れる事になった。役所へ行くと
      「重婚は認められません」
      私は既に公的に既婚者だという。偽装の婚姻届により、私の名字は前週より正式に”近藤”になっていた。#呟怖

    • 怪談LIVE帰りの運転中、後ろから肩を叩かれた。誰もいない後部に何か見た気がして、慌ててミラーをズラす。
      ドンドンドン‼︎
      増して強まる肩の衝撃に、家へ着く頃には背に大量の汗。
      これを書いている今もまだ、肩を叩かれている。
      〈ツイートしたら殺すよ?〉
      そう囁かれているが…どうしよう。#呟怖

    • #呟怖 隣室に女の怒声と子供の泣き声が響く。だが隣は空き部屋。噂では、虐待の末無理心中した母子がいたとか。死んでもまだ虐待を…。壁を蹴り、クソ女が!と母親を罵った。その晩、夢を見た。いい加減にしろと子供を叩く、全身歯型だらけの母親。突然の痛みに目覚めると、腕に子供が噛み付いていた

    • #呟怖 前方から早口でけたたましい女の声が近づいてくる。前には俯き歩く男性しかいないが、声は彼から聞こえる。すれ違い際、不意に彼がこちらを向いた。「あの…この女、何か言ってますか?」この女?戸惑いつつも、早くて聞き取れないと答えると、「死ねって言ってるんだよ」と女のひと声が聞こえた

    • #呟怖 ママが私を叩いた時、ママに叩き返してくれる誰かがいる。私には見えないれけど、きっと守り神様なんだと思う。パパが私を激しく叩いた時も、パパに叩き返してくれる。できれば、二人が私を叩く前に助けてほしい。神様お願い。いっそ、二人を殺して下さい。私が殺されたら、殺してくれますか?

    • #呟怖 隣家の子供の三輪車が、いくら退けてもウチの車庫に置かれる。俺は隣人に訊いたが身に覚えはないという。監視カメラを設置すると、独りでに動く三輪車が映った。隣人に訴え三輪車は処分。だが、車庫にはまたソレが。ガソリンをかけ燃やすと、ママと泣き叫ぶ声が聞こえた。妻の目が動揺している

    • #呟怖 自分を偽り続けた私の顔は、写真や鏡の中では真っ黒にうつる。あぁ、ついに自分を失ってしまった。「俺が見てきた君は誠実だよ」そう言ってくれる上司の優しさに涙が溢れる。独りで喫茶店にいると、突然女性にこう言われた。「あなたのすぐ目の前にいる男が見えない?」私が黒く見える理由って…

    • #呟怖 横断歩道を渡ると前面の歪んだ車が急停止。降りて来た男が「なんで無事なの⁉」と困惑している。聞くと俺を撥ねたと言うが、そんな事は起きていない。駅では今飛び込んだのにと言われ、階段では今落ちたのにと言われた。俺の身には何もないが、刺したのにと彼女に言われた今、本当に死にたい…

    • #呟怖 仕事中、突然視界がおかしくなった。向かいのビルが捻れて見える。その隣のビルは従業員までが湾曲している。見ると街中のビルが奇妙に歪み、従業員も一様に歪んでいた。まるで会社の歪みが反映されたようだ。可哀想に。その点ウチはまともだ。ふと見た窓に映る自分が、倒れそうな程傾いていた

    • #呟怖 帰宅すると、子供ができたと妻が話す。努力しても授かれずに鬱病になった妻とは暫く行為はない。微かに聞こえる赤ん坊の泣き声。妻が押入れに寄り添い、子守唄を歌い始めた。だが止まぬ声に激昂し、押入れの戸を激しく開いた。中には一つ、地蔵の頭が。妻は躾だと叫び、それを何度も踏みつけた

    • #呟怖 友人の趣味は『位牌集め』。最近のモダンな物より、古い物は豪華で美しいのだという。収集には全て人から譲り受ける。位牌自体の供養はしないのか訊くと、魂なんて存在しないと笑った。そんな友人が位牌の散乱する部屋で死んでいた。位牌は全て供養後処分。だが彼自身の位牌は行方不明となった

    • #呟怖 かつて、一番美しい少女を男供が回し孕ませるという習慣のある村があった。産まれた男児は将来村長の座を約束されたが、ある少女が産んだ子には角が。村人達は「鬼だ」と騒ぎ、少女の眼前で子を八つ裂きにし焼いた。燃える我が子を見た少女は後に村人全員を殺害。鬼は確かに少女の中に産まれた

    • 長尾 の返信 (3週 3日前)

      応急手当の講習を受けた。心肺停止から10分を超えると殆ど助からないらしい。
      夫の部屋から聞こえる目覚ましのアラーム音。そろそろ5分くらい経つかしら。どうして起きて来ないのだろう。もう若くないし何か有ったのかもしれない。様子を見に行こうかしら。あと5分待ってから
      #呟怖

    • 「気をつけて下さいね、本当に。
      たまたま今回は親切な方だっただけなんですからっ」
      ショッピングモールのお客様サービスセンターでペコペコ頭を下げる。
      小さな手は私のズボンを離さず、微かに震えている。

      散々 礼を言い、受け取った財布の中を再確認しつつ歩き出す。

      …この子は 何だろう #呟怖

    • BARで隣り合った女性は、同級生だった。見違えて綺麗になった彼女にまた会えないかと言うと、
      「貴方の部屋のコルクボード、写真を剥がしておいて。そしたら考える。」と、帰ってしまった。
      確かに写真はある。学生の頃の。角の鋲を取り腑に落ちた。
      穴の空いた頭の彼女と その夜 会えたからだ。 #呟怖

    • 怪談Aを語っていたはずが、途中からいつのまにか内容が怪談Bへ変化してゆき、だんだん収拾がつかなくなってきたところでヤケクソ気味に怪談Cのオチを強引にくっつけて終わらせたら「なんて怖い話だ、素晴らしい!」と目の前のEが拍手した。ホッとしたが、最初に聞き手だったはずのDどこ行った?
      #呟怖

    • 狂言巡 の返信 (3週 3日前)

      #呟怖 「おばーちゃんが今の××ちゃんと同じくらいの子供だった時には坂道なんてなかったんだよ」「それほんとー?」小学校に上ったばかりの孫の顔がぐっと上を向く。「人が増えすぎてねぇ…」のしあがって、踏み締めて、それでも嵩張って、このザマさ。

    • 放課後の教室でヨウコちゃんとお喋りしてたら、気がつくと私たち二人だけ。
      カーテンを透かして夕陽が射す。

      「ねえ、お互いに秘密をひとつ打ち明けようよ」
      ヨウコちゃんが悪戯っぽい顔で囁く。
      迷った末、思い切って打ち明けた。

      「私は……BLが好き」
      「あたしは、解体が好き」

      ……解体?
      #呟怖

    • いわゆる〈セレブ〉が多く住むことで有名な高級住宅街を仕事の関係で初めて通ったら、7~8歳のおかっぱ頭に赤いスカートのどこか昭和っぽい女の子が、道端で

      「全員狂って死ぬ! 全員狂って死ぬ! 全員狂って死ぬ!」

      とずっと叫んでいたが、道行くセレブたちは皆、完璧なまでに無視していた。
      #呟怖

    • 毎朝通る道沿いにある家の犬小屋に

      〈もはや犬小屋ではない〉

      と書かれた板が打ちつけられていた。

      会社に着き、PCを立ち上げると、総務部長から来たメールの冒頭に

      『このメールは、もはや人間宛てではありません。』

      と書かれていた。

      カチカチ。もはやダブルクリックではない。

      痙攣。
      #呟怖

    • 第2回〈最終的に全く怖くない怪談コンテスト〉の締切が近いが、思うように書けず悩んでいる。

      そうだ、Sに怪談を聞こう。
      あいつが毎日SNSに投稿している怪談は支離滅裂な自己満足の駄作ばかりだ。

      「S、何か怖い話ない?」
      「まず、お前の首の掌の痕が怖いよ」

      ……いや、求めてるのと違う。

    • 狂言巡 の返信 (3週 3日前)

      #呟怖 その廃屋にできる水面を覗くとマジでガチの運命の人の顔が浮かび上がるってーのを女子共が噂してるのを聞いた俺は、ダチと冷やかしに行ったのね。映ったよ、俺んちの三件隣に住んでる性悪ババァ。…嘘だろ?

    • 小学校の教師にも嫌いな子供はいる。
      本当は好きな子と一緒に嫌いな子をいじめたい。
      理性で抑えている。

      でもサダ君だけは無理だった。完璧すぎた。

      (サダ君、もう来なくていいです)
      (サダ君が悪いと思う人、手を挙げて)

      嗜虐の悦楽に震えた。

      今、私はサダ君の奴隷だ。
      喜んで奴隷だ。
      #呟怖

    • ベッドに入ったがなかなか寝つけない。

      こんな時に限って昔の思い出したくもない厭な記憶が甦る。

      ベッドから出ると、私は冷蔵庫を開け、床に生卵を12個叩きつけて割り、その上にマヨネーズを丸々1本振り撒いておいた。
      片付けは明日の私に任せた。

      特に意味はない。意味など息苦しいだけだ。
      #呟怖

    • 女は銃後の守りに徹すべきこの御時世に、たかが鬱ぎの虫で大仰なこと。

      義母の嫌味を聞き流してから、私はまた眩惑坂を登り、脳病院を訪れた。

      狂っているのは貴女以外の国民の大半です。
      なら、先生はどちら?
      私は、狂った側ですね。この国と共に破滅したいから。

      主治医は声を潜めて嗤う。
      #呟怖

    • 狂言巡 の返信 (3週 3日前)

      #呟怖 あの人を愛してた、今も愛してる。付き合いたいなんて滅相もない、ただ傍にいたかっただけ。でもあの人もあの家族も世間の人も私の愛のカタチを否定した。だから私は人の姿を捨てたの。「やだあのカラス、今日もうちの家の真上をぐるぐる飛んでるわ」

    • 狂言巡 の返信 (3週 3日前)

      クローゼット開けたら何かいただって?お前に貸した部屋にそもそもクローゼットなんてないぞ? #呟怖

    • 妻がおかしくなった。

      家事も一切せず、子供の面倒すら見ない。
      パパー、お腹ちゅいたよぉ。
      娘が半泣きになっている。
      一度、医者に見てもらった方がいい。私は妻を諭した。

      ある日、

      「おかしいのは
      あなたです
      もう耐えられない
      その声真似」

      と書き置きを残し、妻は消えた。
      #呟怖

    • 「スタバへ行くよ!」
      「スタバへ行くよ!」
      「スタバへ行くよ!」
      「スタバへ行くよ!」

      と繰り返し言いながら、母は毎晩深夜二時に僕を叩き起こして、かつて一家心中のあった廃墟の一軒家へと連れて行く。
      #呟怖

    • 「ばあちゃん、なんでいつも昼に行かないで、夕方にお墓参りに行くの?」
      「それはな、暗くなるとあの世との境目があやふやになるって昔から言われとってな…」
      「だからじいさんにも会える気がしてな…」
      ばあちゃんはちょっと寂しそうに呟いた。
      #呟怖

    • 報告書No.047「影おじさん」
      聞き込みによると全身が逆光を浴びたような黒い男の姿であり、夕方時の目撃情報が多い。特に子供を襲い、襲われた人物はあっちに連れていかれると言われている。
      調査対象が連れていかれた可能性もあり。引き続き調査を続行する。
      #呟怖

    • 「ワタシキレイ…?」
      「き、きれいです…」
      「これでも…?」
      女はマスクをとると耳まで口が裂けた顔をしていた。
      私もマスクを外した。
      「あなたも…?」
      「お互い大変ですね…」
      私の顔も耳まで口が裂けている。
      #呟怖

    • 夕方になるとおっきな黒い鳥居が現れて、そこをくぐるとあっちの世界に行ける、僕が子供の時そんな噂が流行った。
      #呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      あの呟きを投稿してから世界がおかしくなった。テレビは砂嵐、電話は通じない。唯一ここだけが私を元の世界と繋げている。

      町には顔のない人が歩き、六つ足の獣がそれを食べる。空は緑で血の雨が降る夜には月が三つ、一晩中笑い声がしてきがくるいそう。

      ここ は 私の書い た #呟怖 の世 かい だ 。

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      「ここに自殺を繰り返す幽霊がいる。なぜだと思う?」
      見ると地面に半透明な人が倒れている。
      「…亡くなった人の記憶だろう、無念とか」
      「違うねぇ」
      倒れた人の傍にあった石を拾い、他所へ投げると今度は現れない。
      「石の記憶だよ」

      以来自殺を繰り返す幽霊話の現場がちょっとだけ移動した。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      聞いた話だけど、同僚さんの減量方法がすごかった。

      何も無いところに向かって「おいで」って話しかけるだけ。1週間くらいで食欲減退と睡眠不足でいい感じになってくるから目標体重になったら塩被って終わり。

      って教えてくれた同僚さん、今は格子のついた部屋でずっと誰かと話してるんだって。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      池の水を抜くあの番組、実は地元に来たことがあって。ロケで排水作業してるのを見てたんだよね。底が見える位になった時、近くにいた作業員が黒い塊を指差して言った。

      「ここも駄目だ、アレがいる」

      その後、結局放送されなかった。あの冷たいヘドロの底には何が居て、何が駄目だったんだろ。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      とうとうやった!
      殺ってやった!
      ずっといなくなればいいと思ってたアイツを私がこの手で殺してやった!

      あとは後始末だけ…笑いが漏れた。
      ライトの灯りを頼りに目星をつけておいた場所を掘る。ある深さまで掘った時、私は穴を元通りに埋め直した。

      どうやら先客がいたようだ。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      ある時、眼鏡が喋り出した。
      レンズが汚れてる、疲れ目には睡眠だ、とかいちいち人間くさい。レンズ交換だけして使い続け、人生の半分以上共にいる眼鏡は、心配性のお節介な奴だった。思い返して笑い、馴染んだ眼鏡をケースにしまう。

      「さよなら、付喪神」

      私は今日レーシックの手術を受ける。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      同居の話に祖母は古い家と仏壇を交互に見た。
      「この家から離れるのはねぇ」
      今よりスーパーや病院が近くなること、仏壇の用意やお墓は駅前の永代供養にと伝えると悪くない反応が返ってくる。

      「ばぁちゃんは賛成だってさ」
      悩んでいた祖父は「ほんならええか」と言って祖母の遺影を振り返った。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      静かな部屋が急に寂しくなって実家へ電話をかけた。片耳に当てた向こうは随分と賑やかで自宅との対比に苦笑いが漏れる。
      『たまには帰ってきたらどう?こっちは煩いくらいよ』
      笑う母にそう締めくくられ、電話を切る。途端訪れる静寂に耳が痛い。
      幽霊屋敷と呼ばれた実家を初めて恋しいと思った。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      では視野の違いだが、目の位置により異なるのはわかったね?どれくらい人間の視野が狭いか、調べ方は簡単だ。自分の目の前、目の高さに人差し指を立て、眼球を動かさないようにゆっくり横に移動させてごらん。指が見えなくなる位置があるだろう?先生はな、ずっとそこに女の子が立っているんだ。#呟怖

    • とく茶 の返信 (3週 3日前)

      零能力者の友人が墓参り代行のバイトを受けた。本部からの要項通りにロープと釘とバールとハンマーとペンキを持った友人に疑問を投げる。
      「まぁこれも故人への『墓参り』じゃね?」と言うから故人も遺族も大概だし、それを受ける業者も友人も大概で、その『参り』は多分違うと笑う自分も大概だ。#呟怖

  • まー@運営 さんと イザヤ さんのプロフィール写真イザヤ さんが友達になりました 3週 3日前

  • 一ノ瀬 彩 【公式】秘密結社のせ民 さんと 壱合 さんのプロフィール写真壱合 さんが友達になりました 3週 5日前

  • まー@運営 さんと 壱合 さんのプロフィール写真壱合 さんが友達になりました 3週 5日前

  • 一ノ瀬 彩 【公式】秘密結社のせ民 さんと オカトラTV さんのプロフィール写真オカトラTV さんが友達になりました 1か月前

  • 一ノ瀬 彩 【公式】秘密結社のせ民 さんと あきぷー さんのプロフィール写真あきぷー さんが友達になりました 1か月前

  • まー@運営 さんと あきぷー さんのプロフィール写真あきぷー さんが友達になりました 1か月前

  • 一ノ瀬 彩 【公式】秘密結社のせ民 さんと 狂言巡 さんのプロフィール写真狂言巡 さんが友達になりました 1か月 1週前

  • まー@運営 さんと 狂言巡 さんのプロフィール写真狂言巡 さんが友達になりました 1か月 1週前

  • まー@運営 が更新を投稿 1か月 1週前

    @redmadend 狂言巡さん呟怖王にご参加ありがとうございます!応募方法はそちらで大丈夫です!

  • まー@運営 が更新を投稿 1か月 1週前

  • まー@運営 さんと チップス さんのプロフィール写真チップス さんが友達になりました 1か月 2週前

  • もっと読み込む