アクティビティ

  • てんゆう が更新を投稿 2週 1日前

    メモ4

    怖い京都弁

    浴衣と下駄で京都を歩いていたら、「下駄でっか。ええ音しとりますな」と住人に言われた。=「足音がうっさい!さっさと消えろ!」

    長居をする客に「ぶぶ漬け(ぶぶ茶)で申し訳ありまへんけど」=てめえに店屋物出す手間もかけたくないわ!とっとと帰れ!

    京都の職人さん「地方出身者さんは弟子入りしはって何年めなん?」
    地方出身者「●年めです~」
    京都の職人さん「そうなん?お若く見えるからびっくりしたわ~~」=●年も修行していてその腕かよ!ヘタクソ!

    ピアノを習っている子供の母親に「坊ちゃん、ピアノ上手にならはったなあ」=うっさいわ!防音設備整えんか!

    「たいそう元気でいらっしゃいますなぁ、お外で走ってきはったらええんちゃいます?」=「じゃかましゃ!ボケ!どっか居ね!」

    京都人「あら奈良から来はったん?恥ずかしいわぁ、奈良の大仏様とお鹿様と比べたら京都なんて何もあらしまへんやろ?フフフ……」
    =「愚かな奈良県民よ、我らの聖地に何の用だ。死にたくなければ即刻立ち去れ!」