岡花光鬼

  • 岡花光鬼 さんが投稿「† 呟怖王 2020 †」にコメントしました。 2年 1か月前

    #呟怖 解体が決まった古く小さなマンション。その前で、先月赤ん坊が車に撥ねられた。だが加害者は妙な事を証言している。“赤ん坊が飛んで来た”と。その子の母親は自殺し、現在建物は全て空き室…の筈だ。一階の何もない部屋に、女の影。ゆっくり窓際まで来て、抱えていた何かを外に向かい投げ放った。

  • 岡花光鬼 さんが投稿「† 呟怖王 2020 †」にコメントしました。 2年 1か月前

    #呟怖 川で遊ばせていた娘が溺れている。今から行って助けられるだろうか。酷い陣痛に苦しんで産んだ娘。まるで男の子のように落ち着きがなく、つい叱ってしまう。この子への愛に不安を抱く私は、ダメな母親だ。娘が流れていく。川の中に娘を引っ張る殺した夫が見えた。あぁ、なら私のせいじゃないよね

  • 岡花光鬼 さんが投稿「† 呟怖王 2020 †」にコメントしました。 2年 1か月前

    #呟怖 道で突然見知らぬ婦人に礼と共に封筒を渡された。中身は金だ。婦人は頭を何度も下げ、理由も言わず去って行った。自宅には笑顔で手に包帯を巻く娘がいた。その後も娘には包帯や眼帯が増え、私は知らぬ人々から謝礼金を受け取る。娘は嬉しそうだ。自身を代償に皆で幸せを得る。何と愛おしい娘だ

  • 岡花光鬼 さんが投稿「† 呟怖王 2020 †」にコメントしました。 2年 1か月前

    #呟怖 妻と別れの日、雪が降った。娘の手を握り見上げた空は、淡い灰色と棉のような白だけの世界だ。暫くしてふと気づく。雪が冷たくない。これならママも寒くないねと言う娘に、僕は黙っていた。そろそろ妻に迎えが来る。炎上を始める事故車。容赦無く妻に積もる雪の中、僕と娘はサイレンの音を待った

  • 岡花光鬼 さんが投稿「† 呟怖王 2020 †」にコメントしました。 2年 1か月前

    #呟怖 仮眠から目を覚まし居間へ来ると、血塗れの男が立っていた。その足元には玩具が転がっている。男は俺に気づくと奇声を上げ襲ってきた。咄嗟に掴んだ物で応戦。鋭利な物が男の頸に刺さり、抜くと男は血を撒き散らし玩具に覆い被さった。オイ、俺の大事な玩具を汚すな。それはもうお前の嫁じゃない

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 かつて、一番美しい少女を男供が回し孕ませるという習慣のある村があった。産まれた男児は将来村長の座を約束されたが、ある少女が産んだ子には角が。村人達は「鬼だ」と騒ぎ、少女の眼前で子を八つ裂きにし焼いた。燃える我が子を見た少女は後に村人全員を殺害。鬼は確かに少女の中に産まれた

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 友人の趣味は『位牌集め』。最近のモダンな物より、古い物は豪華で美しいのだという。収集には全て人から譲り受ける。位牌自体の供養はしないのか訊くと、魂なんて存在しないと笑った。そんな友人が位牌の散乱する部屋で死んでいた。位牌は全て供養後処分。だが彼自身の位牌は行方不明となった

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 帰宅すると、子供ができたと妻が話す。努力しても授かれずに鬱病になった妻とは暫く行為はない。微かに聞こえる赤ん坊の泣き声。妻が押入れに寄り添い、子守唄を歌い始めた。だが止まぬ声に激昂し、押入れの戸を激しく開いた。中には一つ、地蔵の頭が。妻は躾だと叫び、それを何度も踏みつけた

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 仕事中、突然視界がおかしくなった。向かいのビルが捻れて見える。その隣のビルは従業員までが湾曲している。見ると街中のビルが奇妙に歪み、従業員も一様に歪んでいた。まるで会社の歪みが反映されたようだ。可哀想に。その点ウチはまともだ。ふと見た窓に映る自分が、倒れそうな程傾いていた

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 横断歩道を渡ると前面の歪んだ車が急停止。降りて来た男が「なんで無事なの⁉」と困惑している。聞くと俺を撥ねたと言うが、そんな事は起きていない。駅では今飛び込んだのにと言われ、階段では今落ちたのにと言われた。俺の身には何もないが、刺したのにと彼女に言われた今、本当に死にたい…

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 自分を偽り続けた私の顔は、写真や鏡の中では真っ黒にうつる。あぁ、ついに自分を失ってしまった。「俺が見てきた君は誠実だよ」そう言ってくれる上司の優しさに涙が溢れる。独りで喫茶店にいると、突然女性にこう言われた。「あなたのすぐ目の前にいる男が見えない?」私が黒く見える理由って…

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 隣家の子供の三輪車が、いくら退けてもウチの車庫に置かれる。俺は隣人に訊いたが身に覚えはないという。監視カメラを設置すると、独りでに動く三輪車が映った。隣人に訴え三輪車は処分。だが、車庫にはまたソレが。ガソリンをかけ燃やすと、ママと泣き叫ぶ声が聞こえた。妻の目が動揺している

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 ママが私を叩いた時、ママに叩き返してくれる誰かがいる。私には見えないれけど、きっと守り神様なんだと思う。パパが私を激しく叩いた時も、パパに叩き返してくれる。できれば、二人が私を叩く前に助けてほしい。神様お願い。いっそ、二人を殺して下さい。私が殺されたら、殺してくれますか?

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 前方から早口でけたたましい女の声が近づいてくる。前には俯き歩く男性しかいないが、声は彼から聞こえる。すれ違い際、不意に彼がこちらを向いた。「あの…この女、何か言ってますか?」この女?戸惑いつつも、早くて聞き取れないと答えると、「死ねって言ってるんだよ」と女のひと声が聞こえた

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☾ 呟怖王 2019 SUMMER-AUTUMN ☾」にコメントしました。 3年 1か月前

    #呟怖 隣室に女の怒声と子供の泣き声が響く。だが隣は空き部屋。噂では、虐待の末無理心中した母子がいたとか。死んでもまだ虐待を…。壁を蹴り、クソ女が!と母親を罵った。その晩、夢を見た。いい加減にしろと子供を叩く、全身歯型だらけの母親。突然の痛みに目覚めると、腕に子供が噛み付いていた

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☬ 呟怖王 2019 WINTER-SPRING ☬」にコメントしました。 3年 8か月前

    #呟怖 彼女の髪が風に柔らかくなびく度、彼女が髪を掻き上げる度、美しさに鼓動が跳ねる。けど僕がその髪に触れても喜びは得られない。「ちょっと、私の話聞いてる?」彼女の声に我に帰る。ゴメン、見惚れてた。バカと嬉しそうにむくれる彼女。お前に興味はない。髪の隙間に一瞬現れる女に会いたい。

  • 岡花光鬼 さんが投稿「☬ 呟怖王 2019 WINTER-SPRING ☬」にコメントしました。 3年 8か月前

    #呟怖 取引先に行き気づいた。社屋と壁の狭い隙間に女がいる。何故こんな所に。綺麗な横顔だ。振り向いて欲しい。俺は毎日通い声をかけるが反応はない。手を伸ばせば届きそうだ。あと少し。片腕が邪魔だ。腹も、耳も頬も。折ったり削いだりし隙間に入ると、女はいなかった。痛ぇ。何故俺は…ここに…

  • もっと読み込む